雨の庭

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

おと

もう あなたのことなんて忘れたわ。
遠すぎてもう分からない。

それが本当になったら、忘れられるのかな。
なかったことにできるのかな。

そんなことは しないけれど。
そんなことは できないけれど。
like.白昼夢 | permalink | comments(2) | -

手を繋いで街を歩いて。
彼女の地元に向かうあなたとギリギリまで一緒にいるために。
遠回りの電車で終電を逃したりして。

わたし、何か間違ってる?
ついこの間、あなたではない腕に抱かれていたけれど。

相変わらず温かい手をしてるのね。
熱くて、柔らかい手。

30分後には違う手に繋がれている、あなたの手。
like.白昼夢 | permalink | comments(15) | -

きらきら

楽しそうな顔しやがって。

でもその姿を見ても、昔みたいに苦しくなったりはもうしない。
大丈夫。

大丈夫、でしょ?
日々 | permalink | comments(12) | -

I know but I don't know

わたしは知ってるんだ。
君の気持ちを。
それを多分、君も知ってる。
でも、君はきっと言わない。
それも、わたしは知ってる。
ずるいね。ごめんね。
日々 | permalink | comments(1) | -

だって

わたし悪くないもん。
「ずるい」とか「逃げてる」とか言われても、
わたし悪くないもん。
日々 | permalink | comments(0) | -

発見

目に見えるように壊れないと
助けてはもらえないのかな。
日々 | permalink | comments(0) | -

タイミング

弟が免許合宿で2週間ぐらい家にいない。

父と母と、汚い話をする絶好の機会だ。

3人のうち、誰か死ぬかな。

いいんじゃない。

いずれ辿らなければいけない道だから。
like.白昼夢 | permalink | comments(4) | -

悪しき習慣

もうやらないって決めてたのに。
そう言って再発したものが一体いくつあっただろう。
でも、これだけは。
もうやらないって。

飲みすぎた酒のせいだよね。
like.白昼夢 | permalink | comments(0) | -

無音の傷

話しかけても聞こえないふりをされるのと
温度のない言葉を投げられるのはどちらがきついんだろう。

口を開いたら余計な言葉まできっと全て言ってしまう。
お願いだからもう構わないで。
like.白昼夢 | permalink | comments(0) | -

殺意

吐き気がする。
日々 | permalink | comments(0) | -